ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

FXで知っておきたい基本知識

FXのレートが変動する原因は?

FXのレートが変動する原因は?

FX市場のレートは、つねに変動しています。 つねに変動しているということは、市場でつねに価格が変動するようなことが起こっているということですね。 誰も取引を行わなければ、FXのレートが動くことはありません。 しかしFX初心者にとっては、FXレートがなぜ動くのかというところに、まず疑問が生じることでしょう。 FXのレートが変動する原因は、とても一言では言い表せません。 変動の原因の代表的なものを、いくつか紹介したいと思います。

“需要と供給”が常にFXレートを変動させている理由の1つ

まず大前提に言えることは、FXという取引が、“需要と供給によって成り立っている”ということです。

1つの通貨を売って、もう1つの通貨を買うのがFX取引の形です。

我々日本人がドルを買う場合なら、円を売ってドルを買うという流れになりますね。

“1ドルがこの値段なら買っておこう”と考えて注文を出し、それに応じてくれる相手がいれば、取引が成立します。

ドルを買いたいと思うトレーダーが多ければ多いほど、レートが高くても買いたいという人が増えてきます。

FX市場ではドルが買われ、円が売られていきますので、いわゆる“円安ドル高”の傾向になっていきます。

逆にドルを売りたいトレーダーが多ければ、レートが安くても売りたいトレーダーが増えるので、“円高ドル安”の傾向になっていきます。

FXのレートが変動する根本は、つねにこの需要と供給の動きが起こっているからだと言えるでしょう。

ある通貨を買いたいトレーダーが増えれば価格は上がり、売りたいというトレーダーが増えれば価格は下がります。

需要と供給のバランスを変えるさまざまな要因を紹介!

需要と供給のバランスで、FXのレートは変動するという話をしましたが、需要と供給のバランスも、つねに一定ではありません。

FXでは、需要と供給が変動する理由を、1つ1つ見極めながら取引していく必要があります。

代表的なものを挙げていきましょう。

まずは、“国の経済状況の変化”です。

各国の通貨を発行している国の経済状況の変化(主に経済成長)は、FXのレートの変動に大きく関わってきます。

経済成長率が高い国であればあるほど、通貨の需要は多くなり、レートが高くなる傾向にあります。

その他で言えばGDPなど、“国の経済に関する指標”の成長率が高い国は、今後重宝される通貨とみなされ、買われやすくなります。

逆に、成長率が低い国の通貨は、どんどん売られていく傾向にあるでしょう。

カントリーリスクにも注目が必要

“カントリーリスク”も、FXのレートを形成するものの1つです。

カントリーリスクとはその名の通り、その国の安全性や危険性のことです。

安全性が高い国の通貨は買われやすく、危険を孕んでいる国の通貨は売られやすくなります。

国の危険性とは、具体的に言うと国が抱えている借金や治安です。

貧困な国、そして戦争やテロが頻発するような国の通貨は、FXには向いていない通貨と言えるでしょう。

しかしそのような危険性のある国には、金利の高い通貨も多く(トルコリラなど)、スワップ金利を狙うために利用される通貨も中にはあります。

発表された政策やニュースが、“すでに市場に織り込まれている”ってどういうこと?

先ほど少し話に出ましたが、“市場金利の変化”も、欠かせない変動要因でしょう。

FX市場の金利は、もちろん通貨によって違います。

金利は各国の中央銀行にあたる機関が、“政策金利”という形で各国の状況によって短期金利をコントロールしているからです。

金利が高い通貨であれば、運用益があがるので、金利が高い通貨は買われやすいと言えるでしょう。

逆に、金融緩和によって金利が下がってしまった場合は、売られやすい傾向にあります。

金利差は、通貨間で利益を上げるための1つのツールであると同時に、常にFXのレートを変動させる原因にもなる可能性があります。

将来を予想して行なっている

FXだけに限りませんが、こうした金融商品は、“将来”を予想して行っていると言えます。

日本の中央銀行である日銀が、金融緩和を行ったとすれば、通貨は売られやすくなることが予想できます。

しかし、実は日銀の金融緩和は、すでにFXのレートに織り込まれているということがあります。

こういう場合は、“今後通貨が売られる”と考えて、そのようにトレーダーが動いたとしても、ワンテンポFXレートの動きからは遅れていることになります。

こういうことは、FX初心者にありがちなことで、主に“一般のニュース”を参考にした際に起こりやすい現象です。

テレビや新聞のニュースで、“日銀が金融緩和を行う”という発表がされたからといって、それに影響を受けた取引を簡単にしてしまってはいけません。

一流のトレーダーは、そういった情報をマーケットニュースなどでもっと早く知っているので、すでにFX市場は、金融緩和のことを考えた構成になっているのです。

こういうことも、FX初心者は数を取引の数をこなしていかないと、なかなか身に付くことがない知識だと言えるでしょう。