ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

なぜFXで失敗してしまうのか?

FX取引に“感情”を持ち込んではいけない!

FX取引に“感情”を持ち込んではいけない!

FX取引は、いかに冷静に、確実に状況に合わせた行動ができるかというのがポイントです。 FX初心者が失敗しがちな例として、“感情を持ちこんだ取引”というものが挙げられます。 FXに感情を持ち込むというのは、具体的にどういうことを言うのでしょうか? 逆に言うと、“感情を持ち込まない取引”とは、どういう取引のことを言うのでしょうか?

“利益を出したい”と考えると、かえって利益を逃すことになってしまう

FX取引は、まず“利益を出したい”という感情を持ち込んではいけません。

その理由は、“利益を深追いしてしまう原因”になるからです。

例えば、自分が持っているポジションで、大きく含み益を出しているとしますね。

定石通りに行けば、ここのタイミングで決済するのが理想的です。

しかしここに、利益を出したいという感情が乗っかることになれば、この利益をもっと増やそうとします。

つまり決済せず、ポジションを保有したままにして、相場がさらに上昇するのを待つということです。

もちろん状況によっては、有効な手段ではあります。

とはいえFX初心者は、あくまで利益が出る取引ではなく、“損失が出ない取引”を行うことが大事なのです。

守りのトレードは損失を少なくする

一見、同じ取引のように見えますが、ニュアンスは全く違います。

利益が出る取引は、どうしても最大限の利益を追い求めるあまり、失敗する可能性も高くなってしまいます。

損失が出ない取引は、現在の含み益を早め利食いすると言った、守りのトレードです。

この方が、大きな利益は望めませんが、大きな損失を負う可能性は、相対的に低くなるでしょう。

FXは利益を出すことが目的の資産運用です。

利益を出したいという気持ちを、完全に忘れろとは言いません。

しかし、安定した利益を獲得したいのであれば、深追いに繋がりかねないような余計な感情は、持ち込まないようにしましょう。

“損失を出したくない”と考えすぎると、損失が数倍になることも

利益を出したいという感情が、FX取引にとって危険だということをお話しました。

それとは逆に、“損失を出したくない”という感情も、FX取引においては危険な感情だと言えるでしょう。

先ほどの例は、利益を出したいという感情があるがために、最大限の利益を追いすぎて、返って利益が出なくなるという話でした。

“損失を出したくない”という感情は、含み損が出ているポジションを、深追いしてしまうことに繋がってしまいのです。

含み損が出ているポジションは、早めに損切りをして、保身的なトレードスタイルを貫かないといけません。

損失が出ている状況をなかなか受け入れられずにいると、含み損がどんどん膨らんでしまい、損失はどんどん大きくなります。

1度含み損が出ているポジションで、我慢して待っていても、好転して損失が減るということは、FX取引ではそれほど多くありません。

後悔する結果になることも多い

ほとんどの場合は、“あのタイミングで損切りしておけばよかった”と後悔する結果になるでしょう。

利益を追い求めてポジションを長く持ち続けても、結局はプラスがゼロになるだけで、トレーダーが損失を負うことにはなりません。

それでも持ち続ければマイナスになるかもしれませんが、さすがにそこまでポジションを引っ張る方もなかなかいないでしょう。

含み損が出ているポジションは、深追いすると“マイナスからマイナス”に進行していく可能性もあり、危険度の違いが分かると思います。

実際に、マイナスの状態から好転したとしても、良くて±0です。

それならば、現在の含み損が大きくならない間に、早めの損切りを心がけるのが得策ではないでしょうか。

セオリー通りの手法を淡々とこなすのが、必勝法に1番近い

最後は、もっとシンプルなお話です。

FX初心者は、FXの知識が乏しいので、いろんなものを参考にしてトレードを進めていきますよね。

トップトレーダーのアドバイスや参考書など、そういったものには基本的に“セオリー通り”の取引戦略しか教わることはできません。

しかし、このセオリー通りの戦略を淡々と行うということが、FX取引にとっていかに大事が、初心者の方はまだ分かっていないでしょう。

トレーダーの意見を取り入れる

つまり、感情を入れず、経験豊富なトレーダーの意見を取り入れ、そのまま素直に実行していく

そうすることが、FX初心者にとって必勝法に最も近いトレードスタイルではないでしょうか。

これがもし、“参考書ではああ言ってたけど、こうやった方が絶対もうかる”といったように、セオリーを無視して自分の意見を押し通したとします。

こういう場合、ほとんどが失敗に繋がると断言できます。

まず、FX初心者は、参考書やトップトレーダーの意見に対して、“なぜ、こういう風に取引した方が良いのだろう?”と考えるところから始めましょう。

それが分かっていないうちからセオリーを覆すのは、少し無謀だと思います。

とはいえ、考えたところで、なかなか理解できないというのが現実でしょう。

ということはやはり、感情を入れずに素直にセオリーに従うことがベストなのです。