ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

スプレッドの違いとは?

“スプレッド”が狭いFX会社で効率良く取引しよう!

“スプレッド”が狭いFX会社で効率良く取引しよう!

FX会社によって、提供しているサービスには、多少の違いがあります。 スプレッドもそのうちの1つで、FX会社によって、さらには通貨ペアによって全く数字が違います。 スプレッドでFX会社を選択するには、どのようなところに着目すればよいのでしょうか? また、FX会社によってスプレッドに違いがあるのには、何か理由があるのでしょうか? 気になるところを、まとめて解説します!

スプレッドは、FX会社の間でも競争が激化しているサービスの1つ

FXのレートには、常に2種類のレートがあります。

Askが買いのレートで、Bidが売りのレートです。

トレーダーは、この2つのレートのうちどちらでエントリーするかを決定します。

しかし、このAskとBidのレートでは、取引にかかる手数料、スプレッドに違いがあります。

もちろん、買いポジションをとる場合はAskのスプレッドしか使用することができず、Bidの場合は売りポジションのときしか使用することができません。

このスプレッドを設定することで、トレーダーが取引するたびに、FX会社に手数料が入ってくるという仕組みです。

取引手数料は無料のところがほとんど

現在、国内のFX会社では、“取引手数料”と名のつく手数料自体は、無料のところがほとんどです。

ですので、FX取引に対する取引手数料とは、実質このスプレッドがほとんどを占めています。

国内FX会社にとって、“取引手数料が無料”という触れ込みだけでは、トレーダーに対してのアピールが少ない時代になっています。

ですので、できるだけスプレッドを狭く設定することで、トレーダーを獲得しようというFX会社同士の競争が、熾烈なものになっているのです。

特にメジャーな通貨ペアであれば、いわゆる“業界最狭水準”と言われるぐらいまで狭くしないと、大きなアピールポイントにはなりません。

FX会社によってのスプレッドの違いには、このような競争の激化も背景にあると考えられています。

スプレッドが狭いFX会社を選ぶことにはメリットしかない

スプレッドに着目してFX会社を選択する場合、とにかく“スプレッドが狭いFX会社”を選びましょう。

スプレッドが狭ければ狭いほど、シンプルにFX取引のコストを削減できます。

少し単純な考えかもしれませんが、コストが減るということは、1回の取引に資金が減るわけですから、手元に資金が残りやすくなります。

単純に考えすぎてはいけない理由は、同じFX会社であっても、スプレッドは変動する可能性があるというところです。

最近のFX会社では、固定のスプレッドを採用しているところも多いです。

原則固定という表記

しかしその表記のほとんどが、“原則固定”というものになっています。

原則ということは、相場の状況などによって例外もあり得るということが予想できるでしょう。

それでも、この固定スプレッドを採用しているのは日本のFX会社だけであり、信頼性が高いのは明らかです。

中には、FX相場の状況に関係なく、完全にスプレッドを固定すると明言されているFX会社も存在するぐらいです。

これは、日本のFX人口が世界の約7割を占めていることでも分かるように、日本のFX会社は世界をリードしているということになります。

トレーダーは、なるべき“業界最狭”や“スプレッド固定”の表記を見逃さないように、FX会社選択の材料にしていきましょう。

スプレッドが狭いFXと合わせて、スプレッドが狭い通貨ペアを選ぼう!

スプレッドが狭い通貨ペアとして有名なのは、やはり日本人にとってもっともポピュラーな「米ドル円」でしょう。

FXでスプレッドの狭さを活用したいのであれば、スプレッドの狭いFX会社を選ぶ以外に、スプレッドが狭い通貨ペアを選ぶ必要もあります。

米ドル円は、メジャーな通貨で値動きが緩やかという以外にも、FX初心者向けの通貨とされている理由が多く存在します。

その理由の1つが、“スプレッドが狭い”という点です。

取引コストが低く、大きな損失が出る可能性も低ければ、FX初心者は選択しない手がありませんよね。

“業界最狭水準”とスプレッドのアピールをしているFX会社では、この米ドルが必ず含まれていると言っていいでしょう。

大体この米ドル以外に、ユーロ円やユーロドルなどのメジャー通貨ペアを、業界最狭水準のスプレッドにしているFX会社が多いです。

初心者はユーロドルがオススメ

もしFX初心者の方が、日本円の絡んでいない通貨ペアを選択するのであれば、ユーロドルがオススメです。

世界トップ2の流通量を誇る通貨同士のペアですから、情報量も豊富で、値動きも緩やかです。

さらにスプレッドの狭いので、取引コストを抑えることができます。

スプレッドが狭いFX会社を選択することに関しては、ハッキリ言ってデメリットが全くないと言えるでしょう。

むしろ、業界でも人気の高いFX会社は、かなりの確率で業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

FX会社の選択に迷っているという方は、まずスプレッドの水準に着目して、選択するようにしてください。