ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タイミングの読み方とは?

エントリーの基本的なタイミング

エントリーの基本的なタイミング

FX取引では、エントリー(注文)と決済という2つの手法を組み合わせて、利益獲得を狙います。 エントリーするタイミングは、そのときのFX相場の状況によって違いますが、基本的なルールというものは存在します。 つまり相場の状況に関係なく、基本的にこれは守らないといけないという、すべてのエントリーに共通して言えるルールですね。 利益が出そうなタイミングでエントリーするというのはもちろんなのですが、それだけでは、FX取引を渡り歩くことはできません。

エントリーのタイミングにはなぜルール作りが必要なのか

まず、エントリーすることになぜルールが必要なのか?

1つ目に言えることは、“安定して利益を出すため”です。

買いポジション、売りポジションと交互にエントリーしていくとして、利食いと損切りの額が同じ、勝率も5割だとします。

しかし、損切りと利食いの額が同等でも、FX取引をするためにはスプレッドが必要です。

つまり、ずっと±0の状態だと、スプレッドの分だけ負けが混んでいくということになりますね。

損失の原因を知ることができる

もう1つは、“損失が出始めたときに、修正するため”です。

FX取引では、何をやってもうまくいかないような、スランプ状態に陥ることもあります。

負けが続いてしまう厳しい状況ですが、エントリーに関するルールを作っておけば、損失が出ている原因を探ることができます。

必ず原因が分かるとは限りませんが、少なくとも感覚で毎回エントリーしていれば、損失を修正することは不可能です。

“FX相場が上がりそう”、“下がりそう”という値ごろ感だけを頼りにエントリーをしていると、すぐにこのような負のスパイラルに巻き込まれることになるでしょう。

FX初心者は特に、エントリーに関してのルールを明確に決定していないことが多いです。
ルールに則って、エントリーすることの重要性を理解しましょう。

レンジ相場とトレンド相場の違い。エントリーには守るべきルールが多い

エントリーするタイミングはそれぞれですが、各エントリーに共通して言える“守るべきルール”を紹介しましょう。

ルールと言っても、FX初心者でも簡単に守ることができるものばかりです。

最初はまず、“トレンド相場かレンジ相場かを見極める”というところから始まります。

トレンド相場かレンジ相場かによって、もちろんエントリーの方法は変わります。

トレンド相場を見極めるときには、同時にそのトレンドがどれぐらい強いのかも考慮します。

今後もトレンドが出ていくような相場なのか、または現在のトレンドが収束したら、1度停滞する相場なのか。

それを見極めるだけで、エントリーのタイミングは正確性を増すでしょう。

目標値を設定する

次に、“目標値を設定する”という作業に入ります。

直近の高値や安値を対象にすることもあれば、勢いの少ない相場であれば5割~8割ぐらいを目標にすることもあります。

その目標値に見合っている損切りができるかどうかを確認して、エントリーのタイミングを計ります。

損切りと利食いの割合が1:1を下回るようなところでは、ほとんどエントリーすることはありません。

利食いと損切りの割合が同じだと、取引手数料やスプレッドの分だけマイナスが出てしまうからです。

そして、“トレンドが進みすぎていないか”というのを確認します。

エントリーのタイミングが遅ければ、ピッタリ損失が出るタイミングでエントリーしてしまう可能性もあります。

レンジ相場の場合は、“値動きの大きさ”をチェックします。

とは言っても、値動きの幅が少ないのがレンジ相場なので、トレンドが出てからエントリーを考える方が、賢明ではあります。

ルールを守れないとき、どのように対処すればいいの?

ここまでエントリーに共通するルールを紹介しました。

しかし、これらのルールを簡単に守ることができれば、FXはそんなに難しいものではありません。

ルールを徹底できないために、トレーダーたちは苦労しているのです。

例えば、“慣れから生じる端折り”です。

つまり、これまでの経験だけで安易に判断し、エントリーポイントを逃してしまうといった状況のことです。

チャートを確認して、トレンドが出そうなタイミングでとりあえずエントリーしてしまう。

そしてその後、チャートから目を離している間に、FX相場が逆行してしまい損失が出てしまうという失敗です。

ルーティーン化することが近道

こういう失敗をなくすためには、起床してパソコンを開いて、エントリーして、決済してというすべての作業を、ルーティーン化するしかないのです。

“トレンドが出そう”というだけでエントリーするのではなく、必ず精査をして、動きが出るまでチャートから目を離さないようにする。

そういう地道なルーティーンを積み重ねないことには、簡単に守れるはずのルールもおろそかになってしまいます。

FXは勝つためにトレードをするのであって、トレードするためにトレードするのではありません。

無駄なトレードをなくして、小さな利益を積み重ねましょう。