ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

FXの基本知識を押さえよう

FXに必要な“証拠金”って?

FXに必要な“証拠金”って?

FX取引は、トレーダーとFX会社の間にあるルールによって、成り立っている取引です。 トレーダーは利益を得るためにFX口座を開設し、FX会社も利益を得るためにFX口座を提供しています。 少額からでも始められるのがFXの良さですが、金額はいくらでもいいというわけではありません。 今回は、FXにおける大事なお金のことについて、解説していこうと思います。

FX会社に証拠金を預ける意味と“証拠金維持率”

トレーダーがFX取引を行うには、“証拠金”が必要になります。

これは簡単に言えば、トレーダーがFX口座を使う代わりに、預けておく“担保”です。

このお金を口座に預けることで、お互いの信頼関係を作って取引するわけですね。

そしてこの証拠金の額は、FX会社によって違いがあります。

証拠金には“証拠金維持率”というものが存在し、その維持率を常にキープして取引をしないといけません。

例えば証拠金10万円を預けて、証拠金維持率が50%だとします。

そうすると、トレーダーは常に5万円以上の証拠金を預けていないと、FXからの通知を受けることになります。

トレーダーは取引をするとき、自分のポジションの利益、損失に目が行きがちになります。

しかし、本当にしっかりチェックしておかなくてはいけないのは、この証拠金維持率の方なのです。

これは自己資金の多い少ないに関係なく、“維持率”でキープし続けなければいけません。

つまり自己資金が多い場合、大きい単位の取引をすればするほど、キープしなくてはいけない額は大きくなるということです。

大きい単位の取引は、大きい利益を獲得するチャンスも多くなりますが、もちろん大きい損失が出る可能性もあります。

大きい単位の取引こそ、証拠金の徹底したチェックを意識する必要があるのです。

トレーダーはなるべく避けなくてはいけない“マージンコール”と“ロスカット”

証拠金維持率をもし割ってしまうと、まずFX会社から、“マージンコール(追証)”という通知を受けることになります。

マージンコールとは、“証拠金は少なくなっているので、資金を追加してください”という、FX会社からの連絡です。

もしくは、“そのポジションを決済してください”という通達になります。

マージンコールを受けると、トレーダーは証拠金維持率の金額まで、資金を追加するか、ポジションを決済しなくてはいけません。

マージンコールで警告されたにも関わらず、期限までに資金を追加しなかったり、さらに証拠金維持率が下回ると、FX会社はトレーダーに対して、“ロスカット”という最終手段に入ります。

ロスカットが施行される

ロスカットは、FX会社によって強制的に、トレーダーのポジションが決済されるシステムです。

証拠金以上に、大きな損失を出さないための措置とも言えるでしょう。

ロスカットが執行されるまでは、トレーダーは多少証拠金を下回っても、取引を続けることができるとも言えます。

しかし、“ロスカットが執行されるまで取引を続けてもいい”と考えるのは、トレーダーとして失格だと言えるでしょう。

あくまでロスカットは最終手段であり、決して執行されるようなことがあってはいけません。

マージンコール、ロスカットいずれも基準はFX会社によって異なります。

大きな単位の取引が可能なプロ口座では、ロスカットレベルが100%という基準の厳しい口座もあります。

“レバレッジ”を使って少ない証拠金でFX取引をすることも可能

FX取引では、“レバレッジ”を使うことによって、少ない証拠金でも大きな取引が可能になります。

“てこ”という意味を持っているレバレッジは、その名の通り、このように証拠金の金額を持ち上げてくれるシステムのことを言います。

例えば、10万円の証拠金が必要な取引でも、10倍のレバレッジを使えば1万円、20倍のレバレッジを使えば5,000円の証拠金で、取引が可能になります。

日本国内のFX会社では、かけられるレバレッジの上限は25倍と定められています。

海外のFX会社では、未だに数百倍のレバレッジを扱っているところがほとんどです。

これだけ聞くと、少額の資金しかないトレーダーは、すべてレバレッジを使用した方が得のように感じますね。

しかし、もちろん大きな取引が少額でできるということは、その分大きな損失が出る可能性もあります。

ハイリスク・ハイリターンのシステム

つまり、“ハイリスク・ハイリターン”のシステムだということです。

またレバレッジの危険性は、“取引単位”によっても変わってきます。

FXの一般的な取引単位は1,000通貨単位、1万通貨単位がほとんどですが、中にはもっと小さい単位で取引できるFX会社もあります。

取引単位が小さければ、大きなレバレッジを使っても、それほど大きなリスクを負うことはありません。

その代わり、獲得できる利益も大きいものは期待できません。

日本では、最大25倍のレバレッジがかけられると説明しましたが、利用しているトレーダーはほとんどいません。

海外に比べると低く設定されている日本のレバレッジですが、25倍でも十分リスクが高い取引になるでしょう。