ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

FXに重要な通貨ペアとは?

FXは“通貨ペア”を選択します!

FXは“通貨ペア”を選択します!

FXを始めるにあたって、トレーダーはいろいろな選択を迫られます。 FX会社の選択や、取引単位など、事前に決定しなくてはいけないことは山ほどあります。 ましてや取引に入れば、エントリーのタイミング、決済のタイミングは素早い選択の連続です。 その状況に合った選択をいかに早くできるかは、FXで利益を出せるかどうかに大きく関わってきます。 FXにおいて重要な選択の1つを紹介します。

流通量の多い通貨ペアを選択するのがマスト

FXには、“通貨ペア”というものが存在します。

FXは2種類の通貨を選択して行う取引で、その2種類の通貨を“通貨ペア”と言います。

どちらかの通貨を売って、どちらかを買うというのが、FXの基本的な形です。

日本人は、日本円を絡めた通貨ペアを選択するのが一般的でしょう。

日本円は日本人だけでなく、世界規模で見ても非常に流通量の多い通貨です。

ヨーロッパ圏のユーロ、アメリカのドルに次いで世界3番目の流通量を誇っています。

流通量の多い通貨は、FXでは初心者向けの通貨とされています。

なぜかと言うと、流通量の多い通貨ペアは、多くのトレーダーが取引しているため、なかなかレートに動きが反映されにくいからです。

値動きが安定しやすく、初心者でも流れを読みやすいというわけです。

逆に、流通量の少ない通貨は、FX市場に参加しているトレーダーが少なく、少しの動きですぐにレートに反映されてしまいます。

値動きが激しく、さらにはその通貨に関する情報も少ないので、FX初心者にはあまり向いていないと言えるでしょう。

FX初心者が、大体1番最初に選択するのは、世界的に取引量の多い“米ドル円”でしょう。

世界的に流通量の多い通貨同士の通貨ペアですから、FX取引の基本を学ぶには、最も適している通貨と言ってもいいでしょう。

“ドルストレート”と“クロス円”の違いって?

日本人にとっては日本円が一般的ですが、世界規模で見ると、通貨ペアは“米ドルが絡むもの”と“絡まないもの”で分けられます。

米ドルは、FXの“基軸通貨”と言われていて、どんな通貨ペアで取引していても、1回必ずドルに交換しないといけません。

例えば、日本円とユーロを交換したい場合でも、直接それらの通貨を交換することはできません。

1回日本円をドルに交換して、そのドルをユーロに交換するという、段階を踏まなくてはいけないのです。

ドルが入っている通貨ペアのことを“ドルストレート”と言い、ドルが絡んでいない、日本円が絡んだ通貨ペアを“クロス円”と言います。

ドルストレートは、すでにドルが入っているので2つの通貨は1回交換するだけで済みます。

ユーロ円、ポンド円などは、クロス円ということになり、1度ドルに交換してからの取引になります。

米ドルのレートも気にすることが大切

クロス円で取引をするときは、必ず米ドルのレートも気にしておくことが大事です。

ユーロ円を取引している場合に、相場が急落したとしても、米ドル円の相場が安定しているという場合は、ユーロ円はあまり下降しません。

ドルストレートの影響を強く受けるクロス円は、比較的値動きが激しくなる可能性が高いでしょう。

とはいえ、ユーロ円という通貨ペアは、世界でも非常に流通量の多い通貨ペアとして有名です。

大暴落や高騰はなかなかしないでしょうが、1種類の通貨ペアだけ確認して取引するというのは、少し危険だという事が言えます。

なるべく取引できる通貨ペアが多いFX会社を選ぶのがコツ!

選択できる通貨ペアは、どれくらい種類があるのでしょうか?

通貨ペアの種類は、FX会社によって異なります。

先ほども話に出た米ドル円、ユーロ円、または世界一の流通量を誇るユーロドルなんかは、どこのFX会社でも必ず取り扱っています。

まず最初は、情報量も流通量も多い、初心者向けの通貨ペアを選択するようにしましょう。

そこでFXの基礎を学び、少し慣れてきてから、徐々に通貨ペアの選択肢を広げるようにします。

通貨ペアが変われば、値動きの仕方も変わりますが、何と言っても取引のスタイルがガラッと変わります。

最近では、高金利通貨を用いた通貨ペアが人気を博しています。

人気は豪ドル、トルコリラ、ランド

高金利通貨として人気なのが、オーストラリアの豪ドルや、トルコのトルコリラ、南アフリカのランドなどが挙げられます。

これらの通貨ペアは、米ドルやユーロ円のように、普通に為替差益を狙って取引するわけではありません。

高金利通貨と、低金利の日本円を組み合わせて、スワップトレードで稼ぐというのが、高金利通貨が人気の理由です。

しかしスワップトレードが人気とはいえ、最初に選択するのはどうかと思います。

まずはしっかり、FXの基本的な利益獲得方法である、為替差益を勉強してから、移るようにしましょう。

いくら他のトレーダーに勧められても、適当に通貨ペアを選択してしまったら、その通貨ペアの良さが分からないまま取引することになります。

通貨ペアの選択は、それだけ自分の取引にとって重要だということです。