ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

FXを始める前に

FX口座を開設する理由と流れ

FX口座を開設する理由と流れ

トレーダーがFX取引を行うには、FX口座を開設しないといけません。 FX会社を選択し、さらにそこで用意されている複数の口座の中から、トレーダーはFX取引をする口座を選択します。 まず、トレーダーはどうして口座を開設しなくてはいけないのでしょうか? またFX初心者は、どのような流れで口座開設をするのか、知っておく必要があります。 FXを行うにあたって、口座開設はイロハのイです。 取引が開始できるまでの流れを、紹介していきましょう。

トレーダーとFX会社を繋ぐのがFX口座

トレーダーがFX口座を開設する理由は、まず“証拠金を預ける”という必要があるからです。

選択したFX会社に証拠金を担保として預けることで、FX会社とトレーダーの間に信頼関係を作ります。

もちろんそもそもは、FXがそういう取引のシステムを取っていると言えばそれまでです。

かと言って、トレーダーは1つの口座開設に限定して、口座開設をする必要はありません。

複数のFX会社で口座開設をして、複数の手法で取引することも可能です。

FX口座を開設するには、まず自分の取引スタイルを確立するところから始まります。

長期トレードや短期トレード、さらには少額のトレードか多額のトレードかによっても、開設する口座には違いが出てきます。

例えば“プロ口座”と言われるFX口座は、初回に入金する証拠金が非常に高く設定されています。

さらに証拠金維持率、ロスカットレベルも厳しく、取引単位も大きいところが多いです

FXの技術が高く、専業で生活しようとしているトレーダーが利用することが多い、まさにプロ仕様の口座です。

FX初心者は、いきなりプロ口座を選択してはいけません。

利益を獲得したいからと言って、大きな取引をすれば良いというわけではありません。

FX口座開設にも審査がある!流れと注意事項まとめ

では、FX口座開設をするまでの流れをご紹介しましょう。

取引をするFX会社が決定すれば、その会社のページの口座開設ボタンから、情報入力の画面に進みます。

FX口座を開設するときの“本人確認書類”の提出は、簡単なシステムの場合が多いです。

コピーを郵送したりするよりも、スマートフォンで撮影し、その画像をメールで送信するというシステムの方が、一般的になっています。

個人情報を入力し終わったら、FX会社による“審査”に入ります。

FX会社は、顧客のどんなところを見て審査を行っているのでしょうか?

審査が通らないケースの1つに、“個人情報の間違い”が挙げられます。

基本的なことですが、本人確認書類と入力した個人情報に、1文字でも違いがあれば、審査が通らなくなってしまう可能性があります。

年齢と自己資金のチェック

他にチェックされているポイントは、“年齢”と“自己資金”でしょう。

FX会社は、ほとんどの会社で成人していないと開設することができません。

またFX会社は、“信用できるトレーダー”に口座を開設してほしいと考えています。

それを判断する材料として、自己資金は非常に重要なのです。

FXはギャンブルではないので、あくまで余剰資金を使って行うことが大事です。

年収とFXに使う資金が見合っていないとなると、FX会社は信頼できなくなります。

とはいえ、お金を融資するわけではないので、そこまで厳しい審査ではありません。

審査というよりは、“申込者が嘘をついていないか”という事実確認というイメージですね。

また事実確認をするために、勤務先などに連絡が行ったりということも、ほとんどありません。

FX初心者が開設した方がいい“デモ口座”のメリット

FX初心者が1番最初に開設するべきなのは、“デモ口座”でしょう。

デモ口座は、リアルな取引口座ではなく、“仮想の通貨”を利用して取引を行う口座です。

仮想の通貨なので、もし取引が上手くいっても、利益を獲得することはできません。

その代わり、失敗して損失が出てしまっても、トレーダーはその損失を負う必要がありません。

本当に資金を使って、FX取引を行ってしまえば、必ず損失が出ることを意識しながら取引を行わなくてはいけません。

そのあたりを考えると、デモ口座は損失が出ることがないので、ノーリスクでFX取引を行うことができます。

ルール通りの取引を行うことが大切

FX取引は、“ルール通り”の取引を行うことが大事です。

しかし、損失を意識するあまり、ルール通りになかなか取引できないというのは、FX初心者が必ず通る道だと言えます。

“ルール通り”という鉄則を守るためにも、デモ口座を使って練習するのはとても効果的だと言えます。

そして、デモ口座であっても、利益が出るという喜びを感じることができれば、今後のFXに繋がっていくでしょう。

いくら損失が出ても負う必要がないので、“こういう方法では失敗するんだ”、“こうすれば利益が出るんだ”という勉強にもなるので、ぜひ初心者はデモ口座の開設をしましょう。

取引自体で失敗することは仕方ありませんが、FX口座の選択を失敗してしまうと、なかなか修正が効かなくなってしまうので、慎重に進めて行くようにしましょう!