ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

半数以上がマイナス状態!133人への調査を実施!

仮想通貨に関するアンケート

仮想通貨に関するアンケート

FXと比較されることの多い仮想通貨ですが、実際のところみなさんの収益はどのようになってるのでしょうか。 仮想通貨に関して、今回、133人へのネット調査を実施しました。

Q1:購入時期を教えてください(複数回答可)

上記期間中、最も多かったのが2018年1月でした。
仮想通貨取引所のコインチェックが不正アクセスを受け、取り扱っているNEM(ネム)約580億円分が流出した頃です(1月26日)。

Q2:おおよその購入金額を教えてください(複数回答可)

8割以上の方が50万円未満という回答となりました。

Q3:購入した通貨の種類を教えてください(複数回答可)

断トツで1位となったのがビットコイン。知名度の高さが理由でしょう。

Q4:現在の損益を教えてください

プラスと答えた方は3割程度で、マイナスの方が半数にのぼりました。

Q5:Q4で答えた金額を教えてください

プラスの金額

マイナスの金額

どちらともいえない

1万円未満が半数でした。
利益が出たとも、損失が出たともいえないような金額、ということでしょうか。

Q6:FXの経験の有無

Q7:《FX経験者の方へ》FXと仮想通貨(仮想通貨の証拠金取引も含む)のどちらが資産形成に有効だと感じていますか?

その理由を教えてください

仮想通貨

  • 仮想通貨はこれから伸びてくる市場であると考えているが、FXは市場が出来上がっていて専業トレーダーもいる中で素人が参加してもあまり稼げないため。(会社員)

  • 価格の変動幅が仮想通貨の方が大きいからリスクもあるけれど、その分リターンも大きいからチャンスを逃さなければ大きく勝てるから。(会社員)

FX

  • 仮想通貨の場合はあくまでも仮想の通貨なのでギャンブル性が高いと思います。その点FXは固定通貨なので安定していると思います。(会社員)

  • 仮想通貨は外国為替とは違い、大口が価格操縦をしているような状況がチャートに見られ、テクニカル分析が適用されず、価格予想が難しい場面があります。また、2017年末のバブル崩壊後、ボラティリティが少なくなってきています。(会社員)

  • FXは一つの相場として成熟しており、しっかりとした知識とスキルがあれば稼ぐことができます。
    一方で仮想通貨は相場としてまだ未熟で、整備も徹底されていません。不確定要素が多すぎます。(無職)

  • FXの方が経済指標など動向がつかみ易く、世界情勢など判断材料が一杯有ります。仮想通貨が変動が激し過ぎる。(会社員)

  • FXは法定通貨であり、日本円との金利差を利用してスワップポイントを貰うことが可能だから。暗号通貨は時価総額が減少傾向にあり、購入後に元本割れリスクが存在するから。
    今のところ、という意味でFXの方が資産形成はできると思う。(会社員)

  • FXは損益が出たら確定申告で申告でき、所得税を軽減できます。仮想通貨は損益が出てもそのような措置はとられていません。(主婦)

どちらともいえない

  • 仮想通貨もFXも投機性が強くどちらとも確実な資産形成とは言えないと思います。今後、仮想通貨ETF等が承認されればどちらかといえば仮想通貨の方に分があると思います。(会社員)

  • 仮想通貨はボラティリティが高く値動きが激しいといわれているが、FXでもボラティリティの高い通貨ペアは存在しているのでそこまで差はないと思います。またFXと仮想通貨は長期投資よりもスキャルピングで細かい利益を取っていく性質もよく似ていると思います。(自営業)

  • 仮想通貨は1日の値動きが激しいためリスクが大きい。一方でFXは仮想通貨程、一日の値動きは大きくないものの各国要人の発言・発表により急な相場変動があることから値動きが予測しにくい。そのため、どちらが良いか一概には言えない。(会社員)

Q8:仮想通貨の購入を検討している方にアドバイスをお願いします

  • 現状ではコインチェックの不祥事などの問題から、手を出す人が減っていますし、ボラティリティも低下しています。2017年のようなバブルがまた訪れるかはわかりませんが、相場として健全な状態に戻るまでは待つのが無難だと思います。(無職)

  • ピークが過ぎ、どの銘柄も購入しやすくなっています。
    暴騰するときはいつかくるので、買いやすい時期に投資することをおすすめします。(会社員)

  • なくなってもいいや、と思える額の範囲での購入がいいと思います。
    相場が下がってきたらいいや、と軽く考えて投資していましたが、突然の取引所の停止など何があるかわかりません。
    ある日突然、価値がゼロになることもありうる投機だと思います。(会社員)

  • 仮想通貨に限らずすべての投資に関して言えることは、まずは自分が投資しようと思っている対象をよく勉強することです。そのときの評判や流行りに惑わされずに、自分でしっかりした知識を持って投資することが大切だと思います。そして、いきなり高額投資をしないでおこづかいの範囲内で初めて、儲けが出たらとりあえず原資を回収して欲を出し過ぎないことです。

  • 投資は余剰資金でやるものであることを肝に銘じ、実際に投資をする際は、なくなっても困らないお金を利用すること。(無職)

  • 仮想通貨は「ガチホ」といわれている長期投資を目指すよりも、小まめに利益を取っていくスキャルピングが効果的だと思います。仮想通貨市場は落ち着いていますが値上がり幅やボラティリティは高いので、頻繁に売買したい人は向いているかもしれません。(自営業)

  • 以前までの「買っておけば儲かる」という状態ではなくなったものの、技術としては未来がある。
    あらゆる場所に低い手数料で送金できるのは魅力。
    革新的な技術ができて、そのためのトークンが必要になった場合、入り口となるのはBTCかETHだとは思うので、メジャーな通貨をコツコツ買いためていくのは有りだと思う。
    仮想通貨を資産運用の一部として買っておいてもいいのでは。(主婦)

しっかり勉強したうえで、小額から始めるとよいという声が多数という結果になりました。