ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

関連性のあるマーケット

①オーストラリア市場と中国市場

①オーストラリア市場と中国市場

FX市場を分析するとき、1つの市場だけでは見えてこない要因が現れることもあります。 つまり、2つの市場に深い関連性があるという場合ですね。 これから紹介する“オーストラリア市場”と“中国市場”は、非常に関連性が深いことで有名です。 それぞれの市場の特性を加味して、FX市場に与える影響の正体を紐解いていきたいと思います。

オーストラリア市場は隣国のニュージーランド市場とも関連性が深い

オーストラリア市場の主要通貨は、**豪ドルvです。

オーストラリアだけに限らずオセアニア市場は、離島であるため物価が高く、これからも上昇傾向にあります。

そのため、必然的に政策金利は高めに設定されていることが多いです。

オーストラリアは、鉄鉱石や石炭、金などの鉱物資源が豊富で、世界に輸出している割合も多いです。

資源が豊富な国が採用している通貨を資源国通貨と呼びますが、豪ドルはそれの代表的な存在だと言えます。

豪ドルは、高金利、そして地政学的リスクが少ないという世界的に認知されている特徴があり、安定感のある投資先として、オーストラリアという国自体が、認識されている場合が多いです。

低金利通貨に対して強みを持っているので、円やスイスフランなどを活用して、中期的なトレードに向いていると言えます。

金融機関が破綻したりすると、豪ドルを使ったFX取引では、巻き戻しによる猛烈な下落が起こる場合があるので、ストップロスは必須です。

ニュージランドも関連がある

またもう1つ代表的なオセアニア通貨であるニュージーランドのNZドルとの関連性も深いです。

“連れ高”、“連れ安”と言われる現象で、豪ドルの買いが加速すれば、それにNZドルも連動して買われたり、逆に売られればそれに連動して売られるということが起こります。

基本的に、アメリカやヨーロッパの国々と比べて、戦争・テロの危険性もほとんどありません。

ニュージーランドには、地震のリスクがあり、オーストラリアに影響が全くないというわではありませんが、通貨を評価するとき、そのリスクはほとんど含まれていません。

他国と交流がありながら、怪しい部分も多い中国市場

FXをもし始めたばかりの人であれば、中国市場について詳しく知る機会はなかなかないと思います。

というのも、中国の通貨である元は、FX取引ではマイナーカレンシーとして位置づけられていて、取引できるFX会社もそれほど多くないからです。

中国のFX市場は、アジアという範囲だけでなく、世界規模でも異彩を放っていると言えるでしょう。

中国市場では、“管理フロート制”という、FX市場の動きを見ながら、認められる範囲までならレートを調整できるというシステムを採用しています。

これは、中国市場が“自由にFX取引できる市場だ”というアピールをしているように感じますが、実際はほとんど調整が行われていません。

中国の経済の調子が悪くなると円高傾向になる

日本のような“変動相場制”ではなく、“固定相場制”、いわゆる“ドルペッグ制”というのが、中国のFX市場の現状です。

中国市場は、他国と経済の繋がりも多く、他国に与える影響も多いです。

中国経済の調子が悪くなると、日本は円高傾向になります。

これは、中国の元にはリスクヘッジの概念がないので、円でリスクヘッジをするトレーダーが増えるというのが原因です。

中国が好景気の場合は、逆に円安傾向にあります。

つまり、中国市場は日本市場とも関連性がある市場ということですね。

少し話が逸れましたが、中国市場、オーストラリア市場の特性をそれぞれ理解した上で、この2つの市場の関連性について解説していきます。

オーストラリア市場は、貿易の面で中国市場に依存している

どちらかと言うと、オーストラリア経済が、中国経済の影響を受けると言った関係にあります。

近年では、オーストラリア市場が中国市場から受ける影響が、より拡大してきていると認識されています。

オーストラリアの隣国である、ニュージーランド市場もまた、中国市場の影響を受けやすくなっています。

先ほど紹介したように、オーストラリア市場は、多くの資源を他国に輸出しています。

1番の輸出の相手が中国で、オーストラリアは中国の輸出に対して依存しているとも言える状況にあります。

資源に関しては、中国市場の製造業、そして農作物は中国市場の消費がどれくらいなのかに影響されます。

地政学的リスクが少ないという、資源国通貨の特徴も関係しています。

そして中国の経済指標が発表されると、オーストラリア市場にも動きがある場合が多く、“貿易収支”はその中でも重要な指標です。

中国指標は、日本では取引ができない土日の変わった時間帯に発表されるため、この2つの市場の連動を、日本人トレーダーはなかなかリアルタイムでキャッチできません。

オセアニア市場同士の連動性と、そこに中国市場の要因が加わった様相は、今やFX市場における“一般的な知識”とまで認知されるようになっています。##オーストラリア市場は隣国のニュージーランド市場とも関連性が深い

オーストラリア市場の主要通貨は、**豪ドルvです。

オーストラリアだけに限らずオセアニア市場は、離島であるため物価が高く、これからも上昇傾向にあります。

そのため、必然的に政策金利は高めに設定されていることが多いです。

オーストラリアは、鉄鉱石や石炭、金などの鉱物資源が豊富で、世界に輸出している割合も多いです。

資源が豊富な国が採用している通貨を資源国通貨と呼びますが、豪ドルはそれの代表的な存在だと言えます。

豪ドルは、高金利、そして地政学的リスクが少ないという世界的に認知されている特徴があり、安定感のある投資先として、オーストラリアという国自体が、認識されている場合が多いです。

低金利通貨に対して強みを持っているので、円やスイスフランなどを活用して、中期的なトレードに向いていると言えます。

金融機関が破綻したりすると、豪ドルを使ったFX取引では、巻き戻しによる猛烈な下落が起こる場合があるので、ストップロスは必須です。

ニュージランドも関連がある

またもう1つ代表的なオセアニア通貨であるニュージーランドのNZドルとの関連性も深いです。

“連れ高”、“連れ安”と言われる現象で、豪ドルの買いが加速すれば、それにNZドルも連動して買われたり、逆に売られればそれに連動して売られるということが起こります。

基本的に、アメリカやヨーロッパの国々と比べて、戦争・テロの危険性もほとんどありません。

ニュージーランドには、地震のリスクがあり、オーストラリアに影響が全くないというわではありませんが、通貨を評価するとき、そのリスクはほとんど含まれていません。

他国と交流がありながら、怪しい部分も多い中国市場

FXをもし始めたばかりの人であれば、中国市場について詳しく知る機会はなかなかないと思います。

というのも、中国の通貨である元は、FX取引ではマイナーカレンシーとして位置づけられていて、取引できるFX会社もそれほど多くないからです。

中国のFX市場は、アジアという範囲だけでなく、世界規模でも異彩を放っていると言えるでしょう。

中国市場では、“管理フロート制”という、FX市場の動きを見ながら、認められる範囲までならレートを調整できるというシステムを採用しています。

これは、中国市場が“自由にFX取引できる市場だ”というアピールをしているように感じますが、実際はほとんど調整が行われていません。

中国の経済の調子が悪くなると円高傾向になる

日本のような“変動相場制”ではなく、“固定相場制”、いわゆる“ドルペッグ制”というのが、中国のFX市場の現状です。

中国市場は、他国と経済の繋がりも多く、他国に与える影響も多いです。

中国経済の調子が悪くなると、日本は円高傾向になります。

これは、中国の元にはリスクヘッジの概念がないので、円でリスクヘッジをするトレーダーが増えるというのが原因です。

中国が好景気の場合は、逆に円安傾向にあります。

つまり、中国市場は日本市場とも関連性がある市場ということですね。

少し話が逸れましたが、中国市場、オーストラリア市場の特性をそれぞれ理解した上で、この2つの市場の関連性について解説していきます。

オーストラリア市場は、貿易の面で中国市場に依存している

どちらかと言うと、オーストラリア経済が、中国経済の影響を受けると言った関係にあります。

近年では、オーストラリア市場が中国市場から受ける影響が、より拡大してきていると認識されています。

オーストラリアの隣国である、ニュージーランド市場もまた、中国市場の影響を受けやすくなっています。

先ほど紹介したように、オーストラリア市場は、多くの資源を他国に輸出しています。

1番の輸出の相手が中国で、オーストラリアは中国の輸出に対して依存しているとも言える状況にあります。

資源に関しては、中国市場の製造業、そして農作物は中国市場の消費がどれくらいなのかに影響されます。

地政学的リスクが少ないという、資源国通貨の特徴も関係しています。

そして中国の経済指標が発表されると、オーストラリア市場にも動きがある場合が多く、“貿易収支”はその中でも重要な指標です。

中国指標は、日本では取引ができない土日の変わった時間帯に発表されるため、この2つの市場の連動を、日本人トレーダーはなかなかリアルタイムでキャッチできません。

オセアニア市場同士の連動性と、そこに中国市場の要因が加わった様相は、今やFX市場における“一般的な知識”とまで認知されるようになっています。